華の会メールBridal|婚活コラム

コラムTOP 恋愛テクニック 再婚カップルの場合はどこまで報告する?よくあるケースを紹介!

恋愛テクニック 2020/03/16

再婚カップルの場合はどこまで報告する?よくあるケースを紹介!

再婚カップルの場合はどこまで報告する?よくあるケースを紹介!
再婚カップル同士が籍を入れた場合、どこまでの範囲でどのような内容で報告すればいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

会社や友人など、身近で接している相手に報告した方がいいのか、気になってしまう方もいるはずです。

今回は、再婚カップル同士が籍を入れた場合の報告について、よくあるケースを紹介していくので、参考にしてみてください。


会社に報告する場合


再婚する場合、家族構成や戸籍、苗字が変わる可能性があるため、会社に報告する必要があります。変更内容に合わせて、会社で加入している保険の内容にも変更を加えないといけないので、事実を報告しておきましょう。

会社に報告する場合、再婚する1ヶ月前には連絡しておくのが目安となります。何らかの理由で入籍が早まった場合は、入籍が決まった時点で会社に報告しましょう。

会社に報告する場合は、直属の上司に報告します。それから、どのように会社全体に報告するのか、指示を仰ぎましょう。

保険などの変更手続きは、対応している部署に連絡する必要があるので、事前に調べておき、後手に回らないように早めに行動することが大切です。


友人に報告する場合


再婚カップル同士が籍を入れる際に、友人に報告する場合はどの範囲まで知らせておけばいいのでしょうか。よくあるケースについて紹介していきます。

近しい友人

再婚カップル同士で籍を入れた場合、近しい友人には報告しておきましょう。直接報告してもいいですが、親しい仲であれば、電話やLINEでの報告でも問題ありません。

お互い、仕事などの都合で忙しい可能性もあるので、会って報告しなくても大丈夫です。ただ直接報告したいという方は、時間の都合を相手に合わせて、会ってから報告するようにしましょう。

元彼や元カノは伝えるべき?

以前に付き合っていた、元彼や元カノには別段報告しなくてもいいでしょう。友達としての付き合いがあれば、無視するのは不自然なので、報告して気まずい空気でなければ問題ありません。

また直接報告しなくても、SNSなどで報告すれば、大体の状況は把握できるので、面倒な場合はSNSで入籍したことを報告しましょう。


前の結婚相手には報告義務があるのか?


再婚した場合、前の結婚相手には報告した方がいいのでしょうか。報告した方がいいケースと、報告しなくてもいいケースがあるので紹介していきます。

報告した方がいいケース

女性の場合、養育費をもらっているなら、再婚したことを前の結婚相手に報告する必要があります。再婚した場合は、新しい結婚相手の所得によって、養育費が免除・減額されるので、事前に報告しておくことが大切です。

養育費が免除・減額されることを知っている状態で、再婚したことを隠していると、後からトラブルに発展する可能性もあるので、早めに連絡しておく必要があります。

報告しなくてもいいケース

男性の場合は、前の結婚相手に報告する必要がありません。女性の場合も、子供がいない場合や養育費をもらっていない場合は、報告する必要がないので、自分がどのケースに当てはまるか事前に確認しておきましょう。

再婚した場合は各方面に報告準備をしておく


再婚カップルの場合、報告しないと後から困ることになる可能性もあるため、早めに各方面に報告しておく必要があります。

苗字が変わる場合など、再婚したことで環境が変わる時には、会社に報告しないと保険の変更手続きでバタバタするといったケースもあるので、事前に準備を進めていきましょう。

前の結婚相手についても、養育費をもらっている場合は、報告しないとトラブルに発展することがあります。自分がどのケースに当てはまるか、しっかり理解しておき、報告を怠らないようにしていきましょう。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】