華の会Bridal|婚活コラム

コラムTOP その他 再婚したいのに踏み切れない!お墓のお悩み

その他 2021/09/26

再婚したいのに踏み切れない!お墓のお悩み

再婚したいのに踏み切れない!お墓のお悩み
熟年で再婚をすると色々な問題や悩みのひとつに「お墓」に関する問題があります。
例えば、自分や相手が死別で離婚した場合、そのお墓の管理はどうするかなどを考える必要があります。
せっかく理想の相手に出会えたのに、お墓が理由で中々再婚まで進むことができないのはとても勿体ないこと。今回は熟年で再婚した皆さんがこの問題をどう解消したかをご紹介します。


納骨する墓に決まりはあるのか


熟年で再婚し自分や相手に死別した元妻や元夫がいた場合、自分の納骨される場所について気になりますよね。
特に法律上では決まりがなく、埋葬法でも納骨場所について納骨堂または墳墓に埋葬する以外の記載はありません。なので、どの墓に納骨は個人の自由になります。管理している家族やお寺などの許可さえ降りれば、今の相手の墓に入っても、死別した相手の墓でも大丈夫です。


「今の相手と同じ墓に入る」を選ぶ人が多い


熟年で再婚した人は、女性のほとんどは再婚相手の墓に入るという選択肢が多いです。相手に元妻がいて死別した場合、元妻も入っていることを嫌がる人もいますが、そのまま再婚相手の墓に入ることを選ぶ方が一般的でありスムーズに対応できます。
ですが、再婚時、相手の家族からあまりよく思われていないなどの問題があって反対された場合は、どんなに望んでも相手と同じ墓に入ることが叶わない可能性もあります。


新しい墓を建てるという選択肢もある


再婚相手が長男ではなく墓の管理も任されていない場合、新しい墓を建てるといった選択肢もあります。
再婚相手を墓に入れることを墓の管理者が許可しない、家族との仲が悪いなど理由は様々ですが、新しい墓を建てる人も増えています。その墓の管理は、二人の間に子供がいれば子供に管理してもらうことが出来ますし、いなければ永代供養のお申し込みをする人がほとんどです。永代供養とは、家族や子供など墓の管理を負担させたくないなどの理由で霊園が管理と供養をして面倒を見てくれることを言います。


埋葬以外の方法や墓の管理の不安


今お話しした内容ではまだ不安があり、一般的に火葬して埋葬する以外の方法はあるのか?という人は以下の方法はどうでしょうか。


散骨

火葬後、故人の遺言に従い海や山など骨を撒く。自治体によっては禁止されている場合もあるため事前に確認が必要です。


樹木葬

埋葬箇所に樹木を植える方法であり、決められた樹木葬敷地に埋葬します。

上記の埋葬方法が遺言でしているかすることができます。
また、お墓の管理について不安がある人も多いと思います。死別した前夫、前妻のお墓の管理について悩まれる方も多いですが、その場合お墓の管理は子供がいる場合は子供に任せるという方法です。子供が居ないなら、前夫の兄弟や両親などにお願いするのが一般的でおすすめです。


ひとりで悩まず、周りに相談すること


墓はどこに入ればいいのか、そして誰に管理してもらえるのか、このふたつの不安を再婚する前にお互い話し合って解消すれば、再婚後にどちらかが早世したときに慌てたり困る必要もなくなります。墓のことが気になり、再婚に踏み切れなかったり、結婚生活が楽しめないと悩む場合は、生前相談などをしてくれるサービスもあるので利用してみてはいかがでしょうか。
デリケートな問題ですが、二人のためにも重要なことなので事前にしっかりと話し合って決めて、そして熟年からの結婚生活を心から楽しみましょう。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】