華の会Bridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 再婚で考えられるリスクとは?|事前に知れば対処できる大人世代の結婚

婚活・再婚 2021/11/16

再婚で考えられるリスクとは?|事前に知れば対処できる大人世代の結婚

再婚で考えられるリスクとは?|事前に知れば対処できる大人世代の結婚
最近は中高年向けのサービスが増え、年齢に関係なく気軽に婚活を始められるようになりました。
熟年再婚で幸せな第二の人生を楽しむためにも、事前にどのようなリスクがあるかを知っておく必要があります。
今回は再婚を希望している中高年の方に、知っておきたい熟年再婚のリスクについていくつかご紹介いたします。


再婚後、子供が欲しいかどうか


必ずしも出会う相手が自分と同じ考えとは限りません。
中高年の男性と女性は出産に対する意識に大きな違いがあり、女性が再婚をする場合、子供を産みたいと思っている可能性があることを男性は知っておき、女性ならば再婚をする男性が子供を求めていない場合があることを知っておきましょう。そして、再婚をして子供を産むことは、現実的な時間とお金の問題が発生します。
子どもを育てるにはお金が掛かります。自分たちが経済的に余裕があるか、責任を持って独り立ちするときまで育てることができるのか、もしかすると女性としての本能で産みたいと思っているかなど、この事についてお互いに価値観や考えが一致していないと、離婚のリスクが高まる可能性があるので、再婚前にお互いしっかり話し合いをする事がとても大切です。


再婚相手が現在養育費を払っている


中高年の再婚では、どちらかまたは両方が離婚経験者である場合も多く、男性であれば前妻との間に子供がいるということもあります。
このような場合、再婚後も継続して前妻との間に養育費を支払う義務があり、経済的に負担が掛かる可能性があります。相手の男性が離婚経験があって子供がいるのであれば養育費のことや、定期的に子どもや前妻と会う予定はあるのかなどの事前の確認と話し合いが必要になります。


相手に連れ子がいる場合


相手に連れ子がいて、再婚時に連れ子の養育をすることになります。
相手の子供の教育方針や金銭的な負担はどの程度なのかなどを再婚前にお互い話し合う必要があり、熟年で再婚をすると、突然子育てをしなくてはならない状況になるのです。
相手が魅力的で再婚をしたいが、連れ子がいるのでどうしても踏み切れない…ということも今後は出てくるかもしれません。


年の差婚で女性が男性に期待する場合もある


中高年の婚活では、お互いに年の差があることが多いです。
この年の差婚が多い理由として、男性との年齢の差について若いころよりも寛容になっていることにあります。ですが、年の差婚をする女性のほとんどが男性に包容力を求める傾向があり、自分よりも年上だからどんなことも許してくれたり、受け止めてくれるだろうと感じているため男性に包容力を期待してしまいます。
若いころのように、中高年は年齢制限を求めないことが多いですがそれでも年の差婚をする場合、男性は女性から包容力を求められる可能性が高いです。


中高年の再婚にはさまざまなリスクがある


若い頃の結婚とは違い、中高年での再婚はさまざまなリスクがあることがわかったと思います。いま再婚を考えているならば、事前にリスクについて知っておくことは後悔しないためにも重要なことです。リスクを把握した上で、相手と納得いくまで話し合って幸せな再婚をしてください。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会Bridal】