華の会Bridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 熟年再婚に後悔する男性の特徴とは

婚活・再婚 2021/09/19

熟年再婚に後悔する男性の特徴とは

熟年再婚に後悔する男性の特徴とは
今は珍しくない熟年での再婚。
しかし勢いに任せて再婚して、再婚したことを後悔してすぐに離婚してしまう熟年カップルが最近では急増している傾向にあります。理想の相手と出会い、再婚して幸せな結婚生活ぎ待っていたはずなのに、なぜすぐに離婚してしまう傾向にあるのでしょうか。


結婚に焦り、押し切って・押し切られて結婚した場合


熟年カップルは、墓や遺産相続の問題から入籍をせずに通い婚や事実婚といった入籍せずに付き合う方法が増えている中、相手の事情も関係なく押し切るように入籍を迫り勢いで再婚した場合は、離婚が早い傾向にあります。
どちらかが押し切って再婚した場合、温度差もあるため生活上で色々と意見が合わずうまく行かないこともある他、熟年では墓や遺産など現実的な問題も多く、再婚前に話し合わずに結婚すると失敗する事が多いです。


相手に偽って結婚した場合


自分の収入や職業、持病や借金などを相手に嘘をついてそのまま結婚するパターンも失敗しやすいです。嘘をついて結婚をすれば、いつかバレることですし結婚生活も上手くいくはずは無くどうしても結婚したくても、相手に嘘をついて良いはずがありません。


再婚で失敗する男性とは


熟年で再婚を失敗する男性の特徴として、今まで仕事一筋で家事などをやったことがなく、離婚して独り身になり、自分の生活能力が不安になるという事が多いです。
そして、自分だけでは料理も洗濯も掃除も出来ないという焦りで家庭的な女性を探しますが、相手のことをよく確認せず再婚して、再婚後にギャップに悩み離婚するという流れが多いのです。


再婚を成功するカギとは


熟年での再婚で成功するカギは「自立」をすることが重要です。
再婚して成功している男性のほとんどは、焦りがなく余裕のある人です。家事も一通り出来て自立をしていれば、家事が得意な女性を必死になって探す必要もなく、時間をかけて相手の女性との相性であったり、共通の趣味や、相手の魅力的な部分を探して見つけることができ、再婚についてもじっくり考えることができます。
自分には生活能力が無いから、家事が出来る女性を見つけて早く再婚したいと焦りながら相手を探しても、そう簡単に見つからない上に、見つけたとしても相手をよく見ず上辺だけを見て、再婚後にギャップを感じて失敗してしまうのです。再婚で失敗したくないと思うなら、完璧でなくても料理や掃除など自立出来ることをまずは目指しましょう。


焦りを捨てる事で熟年再婚も成功する


さまざまな理由で、今すぐにでも素敵なパートナーが欲しいと思う人も多いと思います。しかし、焦るあまりパートナーの選び方を間違えて失敗してしまうのです。
熟年再婚を成功させたいのなら、まずはその焦りを解消し、余裕を持って活動することで幸せな再婚をすることが出来ます。
熟年での再婚を目指すのなら、中高年向けマッチングサイトである「華の会メール」を利用してみることをお勧めします。恋愛を楽しみたい中高年代の方が多く登録しており、気に入った相手がいれば簡単にメッセージでやり取りすることができます。焦りを捨てて、熟年でも恋愛を楽しんで理想の再婚相手を探してみましょう。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】