華の会メールBridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 バツ2の再婚は慎重になるべき?気をつける事とは

婚活・再婚 2021/08/23

バツ2の再婚は慎重になるべき?気をつける事とは

バツ2の再婚は慎重になるべき?気をつける事とは
30歳を過ぎて婚活をしていると、バツイチの人には出会うことは多くそんなに珍しくはありませんが、もしかすると今後バツイチ以上の人に出会って、その人と再婚したいと思ったら…?今回はバツ2の異性と再婚する場合のお話しをします。


バツ2の再婚は慎重に考えるべき


バツ2の人は結婚を2回して、2回離婚したということになります。2回も大変な結婚と離婚をしているということは、何かしらの原因が考えられ、離婚理由について知っておくことが大切です。離婚理由が男性に非があった場合に、その点を認めて反省しているか、自分との結婚生活でそれを改善する意思があるのかというのも確認しましょう。
また何度も離婚をしていると、男性であれば子供がいれば毎月の養育費の支払いがありますし、定期的に子供に会うスケジュールを組まなければいけないこともあります。バツ2は人格的な問題がある場合も多く、慎重に再婚を考えていきましょう。


子供がいる場合の再婚は?


再婚の時に子供がいる場合、戸籍の手続きなど事前に調べましょう。初婚の時の子供が、再婚相手と養子縁組をした場合、両方の親からも子供は相続権を持つ事ができます。
子供が複数人いて親がそれぞれ違う場合は、基本的に法律上は戸籍と相続権だけの問題になり、養育費や父親または母親の定期的な面会といった事もありますが、正式に取り決めがあるのならば、再婚の障害にはなりにくいと思います。


バツ2の人との再婚は?


近年、離婚率が高くなっている傾向もあってバツイチの人は珍しくなくなってきました。ですが、バツ2となるとやはり珍しく、3度目の結婚をするなら慎重になった方が良いでしょう。既に大変な結婚を2回失敗しているので、何かしらの問題があると考えられマイナスなイメージがついてしまいます。今までの結婚生活で、何が悪かったのかなど問題点を探して解決しないままだと、また結婚しても離婚してしまう可能性があります。
男性の場合は子供がいた場合、養育費の問題があります。二回とも養育費を支払っていれば経済的な負担も大きく、再婚後に再婚相手に経済的に無理がないかを今一度慎重に考えるべきでしょう。再婚するのは本人の自由ですが、結婚と離婚を繰り返せば繰り返すほど、周囲の目は厳しくなり、また男性の場合は経済的な負担もさらに重くなってくるので、再婚は勢いで決めるのではなく、しっかりと冷静に2人で話し合い、考えてから決めましょう。


バツ2との出会いを探すなら婚活サイトがおすすめ


婚活サイトであれば、掲示板などを活用して相手のプロフィールやメッセージのやりとりができるので、バツ2の方とも出会える機会があるかと思います。婚活サイトは若い人むけでは?と登録を悩んでいる、または登録が難しそうでなかなか始められないという方は「華の会メールBridal」がおすすめです。
華の会メールBridalでは、恋愛・友達・結婚などご自身の目的に合った出会いを探すことが可能で、30歳以上の方に限定したコミュニティサイトですので、『落ち着いた大人の出会い』を楽しむことが出来ます。
登録も簡単ですぐにパートナー探しを始めることができます。ぜひ華の会メールBridalで理想の再婚相手を探してみてはいかがでしょうか。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】