華の会メールBridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 婚活相手にお金の話、どこまで聞くべき?

婚活・再婚 2021/06/09

婚活相手にお金の話、どこまで聞くべき?

婚活相手にお金の話、どこまで聞くべき?
結婚して一緒に生活をする上でお金の話はつきもの。
ですが婚活している時、例えば初対面の相手にいきなり年収や貯金しているかどうかなど聞きにくく、そして相手も気持よく答えてくれることは少ないのではないでしょうか。今回は気になるお金の話についてご紹介します。


結婚相手に求める貯金額はどれくらい?


婚活では様々な条件を相手に求めると思いますが、正直な所「貯金額」も気になるところ。
相手に求める貯金額も男女間で違いがあり、男性は気にしない方が多い反面、女性は相手に数百万の貯金額を求める傾向があるようです。


どのくらいの貯金額が正解なのか


それぞれ金銭感覚や生活水準が影響するため、貯金額に正解はありません。
これからのライフプランについて考えることで必要な貯金額が変わるので、基準にしやすいかと思います。

【ライフプラン一例】
・マイホームの購入
・車の購入
・結婚式(式場や結婚指輪など)
・子供
・専業主婦を希望する

上記のように色々と書き出してみると、お互いが求める結婚生活のイメージにもよりますが、必ずしも一定の貯金額が必要なわけではありません。共働きや結婚式を身内だけの会食で済ますなどお互いできる部分で結婚の初期費用を抑えることも可能かと思います。
貯金は金額というよりも貯金の有無によって年齢相応の「金銭感覚」や「節約出来る生活能力」があるのかを確認しており、どんなに高収入でも浪費癖がある場合もありますし、年収が平均でも金銭感覚がしっかりしていれば貯金もあるはずです。
婚活の場で貯金額について聞いてくるのは、それはあなたの金銭感覚を知りたいということになるでしょう。ですが、初対面で金額を言う必要はありません。
こつこつと貯金をしていることをしっかりアピールすることであなたの努力などが伝わるはずです。


婚活で貯金額のことを聞いても大丈夫なのか


婚活で貯金額を聞いていいのか、そして聞くタイミングがあるのかも気になるかと思います。
ですが気になるあまりに突然貯金額を聞くのは相手も気持よくはないので、もし聞くのであればある程度仲良くなってからまず自分から貯金額を教えた上で聞いた方がマナーかもしれません。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】