華の会メールBridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 ナシ婚ってなに?実態や近年流行している背景などを解説

婚活・再婚 2020/09/19

ナシ婚ってなに?実態や近年流行している背景などを解説

ナシ婚ってなに?実態や近年流行している背景などを解説
近年、流行している「ナシ婚」をご存じですか?
ナシ婚とは「結婚式がナシ」の結婚生活のことで、世代を問わずに現在流行してきている夫婦の形です。
様々な理由からナシ婚を選ぶカップルが増え、今後もナシ婚を選ぶ割合は増えていくと予想されています。そこで、今回はナシ婚の実態や流行している背景をご紹介します。


ナシ婚の実態


ナシ婚は、冒頭でも触れたとおり「結婚式のない結婚」を意味します。
かつては、「結婚=挙式」が一般的でしたが、近年は価値観の多様化や経済的事情、夫婦の事情などにより、ナシ婚を選択するカップルが増えてきました。
実際、1990年代以降、ナシ婚を選ぶカップルは増加傾向にあります。結婚式を重視しないカップルが増えたことにより、今後もナシ婚を選ぶ夫婦は増えていくことが予想されます。


ナシ婚が流行している背景


ナシ婚が流行しているのは、一体何が理由なのでしょうか。
ここからは、ナシ婚が流行している背景について、詳しく解説します。


経済的な理由

ナシ婚が流行している背景には、経済的な事情が絡んでいるケースがあります。
例えば、「結婚資金が足りない」「結婚式を挙げられるほどの貯金がない」などです。また、シニア世代であれば「老後のために現金をとっておきたい」といった考え方もあります。
いずれにせよ、世代を問わずに経済的な理由から、ナシ婚を選んでいる方が少なくありません。


女性の妊娠

結婚時に女性が妊娠していることが理由で、ナシ婚を選ぶカップルもいます。妊娠していると、体調不良に悩まされたり、体型の変化によって衣装が着にくくなってしまうものです。「無理をしてまで結婚式をやりたくない」といった考えから、ナシ婚を選ぶカップルがいます。
最近は、マタニティウエディングも珍しくなくなりましたが、それでもナシ婚を選ぶ方は多いようです。


結婚式に対するこだわりがない

結婚式に対するこだわりがないことから、ナシ婚を選ぶケースもあります。
「得に結婚式に憧れがない」など、こだわりが無ければ結婚式は不要です。夫婦で話し合い、納得すれば、ナシ婚として結婚式を行わないという選択肢があるでしょう。
特に、シニアや再婚夫婦などは、結婚式に対するこだわりがない傾向にあります。


人前に出ることへの抵抗

ナシ婚が選ばれる背景には「人前に出たくない」という方がいることも挙げられます。
「人前に立つと緊張する」「自分が主役になるのが苦手」など、人前に出ることに苦手意識を感じる方の多くは、できれば結婚式を挙げたくない…と感じるものです。
実際、結婚式ではスピーチやプログラムの演出などで、新郎新婦が目立つシーンは多いもの。人前に出るのが苦手であれば、ナシ婚は賢明な選択といえるでしょう。


シニア世代の「ナシ婚」も多い


今回はナシ婚の実態についてご紹介しました。
世代を問わずに近年注目を集めているナシ婚ですが、中高年などの「シニア世代」のナシ婚も少なくありません。
中高年で「結婚式は別にやらなくてもいい」と考えている方は、今流行りのナシ婚を選択してみてはいかがでしょうか。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】