華の会メールBridal|婚活コラム

コラムTOP 婚活・再婚 アラサーの婚活は難しい?30代の婚活の現実と成功のポイントとは

婚活・再婚 2019/11/04

アラサーの婚活は難しい?30代の婚活の現実と成功のポイントとは

アラサーの婚活は難しい?30代の婚活の現実と成功のポイントとは
30代を過ぎた独身アラサーにとって、結婚は現実的な関心事の一つ。ちょうど30代は結婚の適齢期でもあるため、婚活をスタートさせるのにもちょうどいい頃合いです。

しかし、アラサーになってから婚活をしてもなかなかうまくいかない、時期的に遅いといった意見も。なぜ30代の婚活は厳しいと言われるのでしょうか?

ここでは、アラサーにとっての婚活の現実や成功のためのポイントを紹介します。


アラサーの婚活の現実


30代に入ると、同じく結婚していない30代の異性との出会いが期待できるかと思いきや、そううまくいかないのが現実。自分と相手のどちらかが高望みをしていると、せっかくマッチングをしてもらっても進展はありません。

特に高収入や年齢の若さを相手への条件に挙げるケースがみられますが、相手を限定しすぎるのも婚活の妨げに。場合によっては条件を引き下げたり、見直したりしなくてはなりません。

また、アラサーが見落としやすい婚活の現実として、「結婚生活がイメージしにくいと感じさせてしまう」問題があります。

30代に入ると金銭的に余裕が出るため、婚活のときに高級なファッションアイテムを身につけていく方が多いのですが、ブランド物で固めてしまうと、「お金がかかる相手」というネガティブイメージを与える可能性が。

結婚生活を相手にイメージさせるためには、庶民的な面も適度にアピールしていく必要があるでしょう。


アラサーの婚活に必要なこと


年齢が過ぎてしまうと結婚できないのではないか?と不安に感じる方も少なくありませんが、相手とのマッチング次第では何歳でも結婚することが可能です。

ただし、アラサーは10代や20代に比べて完成された大人ということで、「外見」「職業」「品性」「礼儀」など多くのポイントをチェックされます。若いうちはほとんど気にならなかったところにも気を配っていかなければなりません。

人によっては言葉遣いや身だしなみ、メイク、ファッションセンスなどを改善しなければならないケースもあります。できれば360度全方位をチェックして、誰とでも合わせられるように準備しておきましょう。

出産を希望している女性は、一刻も早く成婚につなげたいと考えているかもしれません。しかし子どものために結婚するわけではなく、幸せに暮らしていけなければ意味がありません。末長く協力し合えるような関係の相手とのご縁を意識したいものです。


30代らしさを心掛ける


アラサーの婚活は、若者の婚活に比べて現実的で地に足の着いたものとなります。若い頃のようなノリで相手に接しても、引かれてしまう可能性がありますし、若い頃のままのファッションやメイクなども控える必要があります。

老け込みすぎないように気を遣うことは決して間違いではありませんが、30代という年齢から、誰もが「完成された大人」という目で見られるのも事実。婚活の場では年齢に相応の状態を求められるため、話し方や態度などにも注意しなければなりません。

婚活がある程度うまく行き、関係が進んでくると、体の関係をもったり相手を束縛したりといった行動に出る方もいます。

しかし30代は若い頃と同じではなく、年相応に振る舞わなければならない年代。勢いに任せるのは得策ではありません。相手の状況を考えながら、大人の関係を維持していきたいですね。


まとめ


婚活の終わりが見えないと、誰でも焦りが出るものです。しかし、見直すべき部分を見直さなければいつまでも婚活は終わりません。

30代にふさわしい外見や態度を心掛けながら、相手に対する高い理想を少し下げていくのがアラサーの婚活のポイント。結婚は相手がいるものなので、相手から見た自分も客観的に意識しましょう。

このカテゴリーの関連記事

中高年・熟年の為の婚活コミュニティ【華の会メールBridal】